tokimekistory

私『妊娠したの…』彼「マジか!やったー!!」私『ところで某宿泊施設のベッドは寝心地良かった?^^』彼「えっ」 → 結果・・・

time 2018/03/22

スポンサーリンク

私『妊娠したの…』彼「マジか!やったー!!」私『ところで某宿泊施設のベッドは寝心地良かった?^^』彼「えっ」 → 結果・・・

 

連続で何通もメールが来て、
その全てに何枚もの彼男のハダカの写メやちゅープリなどが添付されていた。

ただひたすら事態が飲み込めなくて、
なさけないことに携帯握り締めたままぼーっとするしか出来なかった。

 

しばらくして彼男が帰って来た。

彼男「あれ?私子まだ起きてたの?」

私子「う、ん(喉が詰まってうまく声が出ない)」

彼男「どうした?具合でも悪いか?」

私子「あの、ね。話したいことがあって待ってたの。」

彼男「ん?」

私子「実は…セイリが遅れてて最近具合も悪くて、今日婦人科に行ってきたの。
赤ちゃん出来てた。3ヶ月だって」

私子が彼男の浮気を知ったのは、

妊娠した事を伝えようと思った日だった。

 

子供は結婚式挙げてからね、

と二人で話してたのだが
先々月に一度だけ避妊具が

破れてしまったことがあり、

おそらくその時の子供だと思う。

 

 

彼男「えっ!?えーーーーっ!????マジか!
私子のお腹の中に子供がいるんだよな、なんかすっげえ…
結婚式と子供が順番逆になっただけだよ。安心して生みな!!
どうしようすごい嬉しいな!」

はしゃいでいる彼男のことを、

なんだかブラウン管の中の出来事のように見ていた。

 

あぁ今まで通りならこの先楽しい事がたくさん待っていたはずなのにと。

でも知ってしまったからには
しっかりさせなくちゃと頭がさえてきて、ようやく冷静になれた。


スポンサーリンク

スポンサーリンクと関連コンテンツ
引用:基地沢直樹
画像出典:pixabay
スポンサーリンク

down

コメントする




スポンサーリンク

シェアする

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 最近のコメント

  •