tokimekistory

チャイムが鳴って玄関を開けると「このあばずれがあああああ!!」と鬼の形相をしたトメが…何回も私の下腹部を殴り続け、流産→結果www

time 2019/01/04

スポンサーリンク

チャイムが鳴って玄関を開けると「このあばずれがあああああ!!」と鬼の形相をしたトメが…何回も私の下腹部を殴り続け、流産→結果www


砂糖とミルクチョコをいっぱい使った
甘ったるい濃厚ガトーショコラと
シロップ、牛乳、はちみつを入れた
カフェオレ?という血糖値
大上昇メニューがトメの好物だが
誕生日しか口にしなかった

いつもお世話になっているトメさんの
ために嫁子は作って差し上げました
アポなし凸でいつものように
冷蔵庫を開けると目の前には美味しそうなケーキが!

自分の健康が大事なトメは最初は
理性で抑えて食べようとしなかったので


「トメさん、このケーキは血糖値の上がらない人工甘味料で作ってみたので食べても大丈夫ですよ!」
一口食べると、トメは顔を輝かせたので追撃

「え?本当の砂糖みたい?当然ですよーこれは大学時代の友人のツテで砂糖と変わらぬ味をコンセプトに開発中の
人工甘味料の試作品を特別に提供してもらったんです^^」

「このチョコレートも同じで、人工甘味料を使っているので血糖値に響かないんですよ^^」

「守秘義務とか色々あるんで、メーカー名を教えたりトメさんに実物をお渡しするのは出来ないんですけど
家に来ていただいたらいつでもお出しするんで!^^」←全て嘘っぱち

 

大き目のパウンドケーキの型で
焼いたんだけどトメは一日で2/3を平らげた
今まで甘いものを我慢してきたトメは、
反動からかこれなら大丈夫!と
毎日のようにアポあり訪問

砂糖がなくてもそれなりにカ□リーは
あるのでその分は普段の食事を
少しずつ削ることで調整
毎日作るのは大変でしたけど、
トメさんが望んでいるので嫁子は
毎日心を込めて甘い甘いケーキを焼きあげました

旦那が休みの日は三人でケーキを
食べながらお茶会しました
トメは血糖コントロールが非常に良好で、
運動療法も元々ウォーキングが好きだったので苦ではない

薬も服用しておらずいわゆる寛解状態
(糖尿病は完治しないのでこう表現する)で
医者も「トメさんなら頻繁に来なくても大丈夫ですよ」とのことで
通院は三か月ごとでいいと言われていたので、
ケーキ攻撃は病院に行った翌日から開始しました


そして三か月後
毎日砂糖まみれのお菓子を大量に食べ続けた結果
多少のウォーキングと食事制限程度で
血糖値が下がる訳がなく
高血糖状態なのを
「最近水を飲んでも飲んでも喉が渇くし体調が悪いのよね…年かしら」と言いながら
病院へ行くともう悲惨な値になっていた

スポンサーリンク

スポンサーリンクと関連コンテンツ
引用:鬼女タウン
画像出典:写真AC
スポンサーリンク

down

コメントする




スポンサーリンク

シェアする

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 最近のコメント

  •