tokimekistory

ウトメ「ホームに入所するから自宅を処分する」義弟夫婦「貰う予定だったのに!」ウト「覚悟あるか?」トメ「転勤貧乏て言うけど毎回30万渡してたでしょ」私達「え?」

time 2019/02/10

ウトメ「ホームに入所するから自宅を処分する」義弟夫婦「貰う予定だったのに!」ウト「覚悟あるか?」トメ「転勤貧乏て言うけど毎回30万渡してたでしょ」私達「え?」

 

義姉は嫁ぎ先でお舅さんの介護してるし、
義弟は転勤族なので何かあったら義父母の
ことはうちがお世話するんだろうなーと漠然と考えていた。
が、義父母が古希を迎えたある年に全員が集まった時の事。
「いいとこ見つけたから〇〇(老人ホーム)に入る」と宣言された。

ふたりともまだ古希を迎えたばかり、

要支援すら受けていないぐらい元気に自立していたが、
そこは元々自立か要支援が入居条件なんだって。
でも今後要介護になっても終身面倒みてくれるらしい。
窓から富士山が見える場所で、何度か見学に
行って体験入居もいつの間にかしてた。
呆気にとられながらも義父母らしいなーって思ってたが、
「そんなわけで、自宅も処分していくから」って
義父が発言してから義弟夫婦が分かりやすく取り乱した。

なんでも自分たちは転勤貧乏で、

兄ちゃんや姉ちゃんは地元で暮らして家持ってるけど
自分だけこんなんだからいずれ地元に
戻ったら実家を貰うつもりだった。ってことらしい。
それを聞いて義父は
「自分たちは親の介護で苦労したから
子供たちにはそういう思いをさせたくなかった。
幸いこの家は地価が上がってくれたので、
処分すれば蓄えと年金を合わせて
やっていけると言う算段なんだが
この家を欲しいってことは父さんたちの
面倒を見る覚悟はあるのかな?」と聞いた。

黙ってる義弟夫婦に今度は義母が
「口を開けば転勤貧乏って言うけど

(確かにしょっちゅう言ってた)
帰省してくるたびに交通費として援助してたでしょ。
まさかただの小遣いとでも思ってたの?」と。

down

コメントする




シェアする

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 最近のコメント

  •